セカンドパートナーの末路はリスクだらけ?安心して付き合う方法とは?

セカンドパートナーの末路はリスクだらけ?安心して付き合う方法とは?バナー

最近流行りになりつつある「セカンドパートナー」。

不倫とまではいかなくても、結婚相手以外の異性とも仲良くなってみたいという方はいらっしゃるかと思います。

しかし、もしもセカンドパートナーを作ったら、その末路とは一体どういうものがあるのでしょうか?

最近、妻が冷たくなってきたし、セカンドパートナーがほしいな。
でも、セカンドパートナーを作るとお互いの身内にバレたときに法的な問題にならないかな?

もしも夫にセカンドパートナーがいることがバレたら、離婚を切り出されそう。

このようにセカンドパートナーの末路は、不安やリスクがつきまとうのです。

しかし、セカンドパートナーというのは不倫とは異なります!

不倫であればたしかに訴訟問題につながる可能性は大ですが、セカンドパートナーであればリスクを回避して上手くお付き合いをしていけることも可能です。

そのため、本記事ではリスクを回避しながらセカンドパートナーと上手くお付き合いをしていかれる秘訣をご紹介していきます。

本記事でわかること

✅セカンドパートナーの末路とは?想定されるリスク
✅セカンドパートナーと不倫の違い
✅セカンドパートナーを持つメリット
✅セカンドパートナーと安心して出会えるマッチングアプリ
✅セカンドパートナーを持つ人の割合
✅セカンドパートナーを持った人のリアルな体験談
✅リスクを回避しながらセカンドパートナーと上手くお付き合いする秘訣

本文のところどころに恋愛アドバイザー経験のある私からのアドバイスをコメントしているので、ぜひ一つ一つ見逃さずにチェックしてみてください。

他のサイトではなかなか聞けない、元恋愛アドバイザーからの貴重なアドバイスがたくさん聞けますよ♪

この記事を書いた人
元恋愛アドバイザーのkisaです。

これまでマッチングアプリの運営に携わっていて、数百人に恋愛のコンサルタントをしてきました。

すでに結婚していてセカンドパートナーが欲しいという方のコンサルタントもしてきたので、本記事を読んでくださる読者の方のお役に立つ情報を発信いたします!

セカンドパートナーが見つかる
マッチングアプリ
アプリ名特徴料金プラン
マリッシュ会員の70%以上が30代~40代
✅シンママサポートあり
✅婚姻歴がある人が多数登録
女性:完全無料
男性:3,400円~ 月
ヒールメイト既婚者専用のマッチングアプリ
✅40代以上の会員多数
✅身バレ対策やセキュリティ対策
女性:1,380円 月
男性:9,800円 月
Cuddle(カドル)✅会員数25万人突破
✅既婚者向け機能が充実
AIがオススメの相手を提案
女性:完全無料
男性:9,980円 月
既婚者クラブ✅既婚者専門
身バレ防止対策が充実
✅24時間365日運営が管理
女性:完全無料
男性:8,880円 月
目次

【セカンドパートナーの末路とは?】不倫とは何が違うの?

セカンドパートナーと不倫の違い

セカンドパートナーの末路が気になるという方は、結婚相手以外の人と関係を持つことで生じる「リスク」を気にされている方が多いでしょう。

たしかに不倫をすると訴訟問題に発展したり、社会的信用を失うといった類の話をよく耳にしますが、冒頭で解説したようにセカンドパートナーは不倫とは事情が異なります。

それでは、不倫との違いについて解説をしていきます。

セカンドパートナーと不倫の決定的な違いは「一線を越えない」こと、これに尽きます!

セカンドパートナーは、あくまで「友達以上不倫未満」の関係なのです。
これは具体的にどういうことかといいますと、わかりやすく以下の表にまとめてみました。

セカンドパートナー

・友達以上不倫未満のため肉体関係を持たない
・恋愛感情がなく、パートナー以外の異性と気軽に食事や遊びに行かれる関係

不倫

・肉体関係を持っている
・パートナー以外の異性に恋愛感情を持っている

上記の表を見ていただくと、セカンドパートナーと不倫は「似て非なるもの」ということがわかるでしょう。

つまり、「恋愛感情」や「肉体関係」を持たないお付き合いであれば、それはセカンドパートナーといえるのです。

セカンドパートナーはあくまで心のより所であって、それを夫や妻が理解して認めてくれる関係性のことを指します。

ただし、セカンドパートナーから不倫関係に発展することもあり、それを夫や妻にはセカンドパートナーと言い訳をしてしまう人もいます。

SNSでは、公認不倫のことをセカンドパートナーと勘違いしてしまっていることだってあるのです。

kisa

私が対応した会員さんの中でも、セカンドパートナーが不倫にならないか気にされている方がいらっしゃいましたが、「友達以上不倫未満」であることを伝えたら、納得されていました。

セカンドパートナーがいるとどういうリスクがあるのか?

セカンドパートナーを持つことで起こり得るリスク

続いては、セカンドパートナーがいることで起こり得るリスクについて解説をしていきます。

①家庭環境が悪化する

セカンドパートナーは「友達以上不倫未満」で、いわば異性の友達といったようなものですが、
仮にあなたの結婚相手があなたにセカンドパートナーがいることを知らずに発覚してしまえば、100%家庭環境に亀裂が出てしまいます。

セカンドパートナーといえど、結婚相手からしたら自分のパートナーが自分以外の異性の人と親しくしていたら、いい気分になるはずがありません。

そうなると、今までと同じ家庭環境に戻ることは恐らく二度とないでしょう。

セカンドパートナーとの関係も続けていきたいけど、いつ現パートナーに発覚するのかというリスクと向き合っていく必要があります。

②社会的な信用度が下がる可能性がある

肉体関係を持っていない限り、不倫発覚ほどは社会的な信用度が下がることはないかもしれませんが、それでも社会的な信用度が下がる可能性は十分あり得ます。

なぜかといいますと、まだまだセカンドパートナーの社会的な認知度は乏しく、事情をよく知らない人からすれば不倫もセカンドパートナーも同じように見えてしまうからです。

そのため、実際に不倫しているわけでもないのに職場の人から、

あの人、この前不倫してた人じゃん!

このように噂されてしまうようになります。

セカンドパートナーを持つということは、家庭環境だけでなく社会的な信用が下がるケースも想定しなければなりません。

③周りの目が変わる

家庭、社会に続いて周りからの見方が変わってしまう場合もあります。

例えばご近所さんから、

見て見て、あの人よー
旦那さんがいるのに浮気してた人って
私もああはなりたくないな(笑)

自分の住んでいる地域の人にまで噂を流されることも考えておく必要があります。

さらにいうと、あなたのご友人まであなたに対しての見方が変わることもあるかもしれません。

主にセカンドパートナーを持つことのデメリットとして、身近な人や社会といった対人からの評価がガラッと変わってしまうといったリスクがあるのです。

私が受け持った会員さんの中ではいませんでしたが、他社のマッチングアプリではセカンドパートナーを作ったことで、近所で噂を流されてる人が実際にいたという情報を聞いたことがあります。

セカンドパートナーを持つことのメリット4選

セカンドパートナーを持つことのメリット

これまではセカンドパートナーがいることの末路やリスクについてご紹介していきましたが、
今度は逆に、セカンドパートナーを持つことのメリット4選をご紹介いたします。

①心の支えとなってくれる

セカンドパートナーを持つことの一つ目のメリットは、心の支えとなってくれるところです。

パートナーが忙しい時や不在の時に、セカンドパートナーから癒しをもらえます。
これによって孤独感や不安感が解消され、安心感を保つことができるのです。

また、パートナーとは異なる視点やアドバイスをもらうことで、家庭の事情による悩みを聞いてもらえます。

もしも現パートナーと上手くいっていないときは、別の異性から悩みを聞いてもらうことで家庭の問題が解決する可能性もあるのです。

このようにセカンドパートナーは心の支えとして大きな役割を果たします。

kisa

会員さんの中でも、セカンドパートナーがいることで、心が満たされて自分の家庭の問題が解決したと仰られていました。

内緒で異性と交遊関係を持つことに罪悪感を持たれる方もいますが、こうして家庭の問題が解決するのであれば、セカンドパートナーを持つことは結果的に良い方向に向いていますね。

②新しい物事に興味を持ったり視野が広がる

二つ目は、セカンドパートナーがいることで、今までになかった新しい発見や興味・関心を見つけられる点です。

セカンドパートナーとの交流を通じて、自分がこれまで知らなかった物事や活動に触れる機会が増えるでしょう。

例えば、セカンドパートナーが特定のスポーツや芸術に詳しい場合、その世界に引き込まれることで新しい楽しみ方やチャレンジしたいことが出てくるかもしれません。

こうした経験は自分の視野を広げ、日常生活に新たな刺激と充実感をもたらしてくれるでしょう。

特に年代の異なるセカンドパートナーさんがいるとさらに新しい視野が深まるようです。

実際にいた会員さんで40代男性が20代女性と知り合ったことで、最近の若者の流行りがわかってその知識をマーケティングの仕事で活かせたとか。

③現パートナーとの刺激を取り戻せる

三つめは、別の異性との交流が刺激となり、現パートナーとの刺激を取り戻せることです。

新しい関係を通じて得た異なる視点や経験は、自分自身の成長や変化を促し、その結果として現パートナーとの関係性にも新たなエネルギーをもたらすことがあります。

例えば、セカンドパートナーとの交流を通じて得た新しい刺激を現パートナーと共有することで、会話や活動に新たな活気が生まれるかもしれません。

このように、セカンドパートナーとの交流は、現パートナーとの関係にも良い影響を与える可能性があります。

➃セカンドパートナーとの関係を通じて自己成長できる

四つ目は、セカンドパートナーとの関係を通じて自己成長できる点です。

複数の異性との関係を築くことで自分の価値観や感情、コミュニケーションのスタイルをあらゆる方面から見つめ直すいい機会となります。

異なる背景や考え方を持つパートナーとの対話や経験を通じて、自分自身の新たな一面を発見したり、従来の考え方や行動パターンを改善したりすることもできるでしょう。

こうした過程は、自己理解を深め、自分をより良く成長させる重要なステップとなります。
結果として、より充実した人間関係を築ける可能性が高まるかもしれません。

自己成長できたという会員さんも私の経験上、たくさんいらっしゃいました。

やはり新しくできたパートナーと交流を深めることで視野が広まり、それが結果的に自己成長に繋がっていくのでしょうね。

セカンドパートナーと安心して出会えるマッチングアプリ4選

セカンドパートナーと安心して出会えるマッチングアプリ

これからセカンドパートナーを見つけていきたいという方は、どこで出会えるのかが気になるところでしょう。

そのため、ここからは安心して出会えるセカンドパートナーとのおすすめの出会い方をご紹介していきます。

セカンドパートナーとの出会いを求めるなら、やはりマッチングアプリ一択です!
それも普通のマッチングアプリではなく、既婚者用のマッチングアプリを使用されることをおすすめします。

それはなぜかといいますと、お互いに既婚者であることがわかった上で始めた方が、相手に対して気を使わずに済みます。

相手も自分が既婚者であることを理解しているため、スムーズにやりとりを進められるはずです。

近年では既婚者に特化したマッチングアプリが続々と登場しているので、この機会に既婚者用のマッチングアプリに無料登録されてみてはいかがでしょうか?

kisa

家族に内緒でセカンドパートナーを探されている方は多いはず。
そうなると、身内にバレずにお相手を探せるマッチングアプリが最適でしょう。

セカンドパートナーが見つかる
マッチングアプリ
アプリ名特徴料金プラン
>>マリッシュの公式サイトを見てみる会員の70%以上が30代~40代
✅シンママサポートあり
✅婚姻歴がある人が多数登録
女性:完全無料
男性:3,400円~ 月
>>ヒールメイトの公式サイトを見てみる既婚者専用のマッチングアプリ
✅40代以上の会員多数
✅身バレ対策やセキュリティ対策
女性:1,380円 月
男性:9,800円 月
>>Cuddle(カドル)の公式サイトを見てみる✅会員数25万人突破
✅既婚者向け機能が充実
AIがオススメの相手を提案
女性:完全無料
男性:9,980円 月
>>既婚者クラブの公式サイトを見てみる✅既婚者専門
身バレ防止対策が充実
✅24時間365日運営が管理
女性:完全無料
男性:8,880円 月
kisa

女性は、肉体関係よりも心の繋がりを求める人が多い傾向にあります。
そのため、お姫様気質の女性とその女性をアイドルのように崇める男性が出会えば上手くマッチングが成立するのかもしれませんね。

既婚者専用マッチングアプリ・ヒールメイトにつきましては、以下の記事で無料登録方法、プロフィール設定方法、ログイン方法などの詳細を掲載しています。

併せて読みたい

セカンドパートナーを持つ人の割合

セカンドパートナーを持つ人の割合
出典元:既婚者専用アプリ「ヒールメイト」の調査

30歳〜69歳の既婚男女1000人のうち10%以上の人がセカンドパートナーがいると回答しています。

引用元:既婚者専用アプリ「ヒールメイト」の調査

既婚者専用アプリ・ヒールメイトの調査によると、なんと10人に1人がセカンドパートナーがいるという結果になりました!

kisa

思っていたよりも、セカンドパートナーを持つ人の割合がこんなにもいるのですね!

近年、既婚者同士の出会いを展開するマッチングアプリも普及しつつあるので、もしかしたら今後はさらにセカンドパートナーを持つ人の割合が増える可能性があるかもしれませんね。

実際にセカンドパートナーを持つ女性の体験談をご紹介

セカンドパートナーを持つリアルな体験談

セカンドパートナーを持つ女性を取材し、リアルな体験談を聞かせていただきました。

以下は、40代既婚女性・まなみさんからいただいた体験談です。

40代既婚女性・まなみさん

彼との出会いから2年が経ちました。
あの情熱的な出会いからもう2年が経ったのですね。

ひょんなことから、「大切にするから」と言ってくれました。

なんと、お互いにパートナーがいるのに私たちは軽くお付き合いをすることになったのです!
えー!最初は「そんなのないわー」と思っていましたが、人生は何が起こるか分からないものですね。

毎日LINEで「好きだよ」「愛してる」と言い続けてくれる彼。
私は「でも、いつか冷めるんでしょ?」と冗談交じりに言うけれど、一向に収まる様子がなく、毎日のように言い続けてくれました。

セカンドパートナーって、どこにも出口がないし、未来がないし、今を刹那に生きるだけなのかしら?、
だから数年単位で終わるのかしら?と思っていたけれど、そうでもないような関係が作れることもあるのね。

もちろん、お互いの家族にバレてはいけないのだけれど・・・

私の友人がかれこれ10年以上不倫しています。
その人は男性で、相手の女性は子持ちのシンママらしい。
その女性と10年一緒にいたけれど、先日別れたそうです。

別れた理由は、相手から「未来が見えないから」と言われたかららしい。
10年付き合ったなら、なんかもっとどうにかなったでしょーと思っちゃうけど、男女の事情は当事者しかわからないからね。

所詮セカンドパートナーじゃん、という意見もあるでしょうけれど、それでも人の心に鎖をつけられないし、心は嘘をつけないんだから仕方ない。

男女の形はそれぞれということですね。

40代既婚女性のまなみさんは、パートナーがいながらも既婚男性に告白されてLINEのやりとりをされたそうです。

本来であれば、家族以外の異性とプライベートで連絡を取り合っていたとしたら、パートナーにとってはあまりいい気分はしないはずです。

しかし、それでもまなみさんはセカンドパートナーとなる男性とやりとりを交わし、あくまでセカンドパートナーとしてお相手の男性との関係を続けているそうです。

まなみさんのご友人は長年セカンドパートナーとの関係を続けていたそうですが、ひょんなことから唐突に別れを告げられそのまま離れ離れとなってしまいました。

kisa

セカンドパートナーは、不倫と違って異性ということを意識したお付き合いではないため、気軽に異性とお付き合いをすることができますが、どちらかの気持ちが冷めてしまったら、あっさりと切られるのがデメリットともいえるのでしょう。

リスクを回避しながらセカンドパートナーと付き合う方法3選

リスクを回避しながらセカンドパートナーと上手く付き合う方法

ここからは、リスクを回避しながらセカンドパートナーと上手く付き合う方法3選をご紹介していきます。

①明確なルールを決める

セカンドパートナーと付き合う際には、お互いの関係の限界やルールを明確にすることが非常に大事です。

まずはお互いの間柄、関係の性質、許容される行動の範囲について具体的に話し合ってそれぞれ合意を得ましょう。

ルールの決め方の例

✅どのくらいの頻度で会うのか
✅どこで会うのか
✅セカンドパートナーとの関係についてどれだけオープンにするのか など

上記のルールを設定するだけでなく、あなたとセカンドパートナーがルールを尊重し合い、一度決めたルールを守ることが必要です。

ルールが守られていないと感じたら、速やかにセカンドパートナーと話し合い、必要に応じて新たなルールを決めていきましょう。

セカンドパートナーとのルールを明確にすることで、長期的にお付き合いを続けることができます。

私もセカンドパートナーを希望する会員さんには予め相手とお付き合いをするルールを明確化しましょうと提案していました。

普通の恋人を作るのとはわけが違いますので、極力トラブルを避けるためにも独自のルールを作っておくことをおすすめします!

②不安を感じた時は速やかに話し合う

セカンドパートナーとの関係において、少しでも不安を感じた時は速やかにお相手と話し合いましょう。

一度不安に感じたことは時間が経つにつれて増長し、誤解を招く原因になることがあります。
したがって、不安を感じた時はその気持ちを包み隠さず、率直にセカンドパートナーとシェアすることが必要です。

話し合いの際には、できるだけ動じることなく冷静に対応しましょう。
自分が持つ不安を具体的に説明し、相手の意見や考えを尊重しながら話を聞いてみてください。

これによってお互いに理解を深め合い、信頼関係を強化することができます。

また、不安をシェアすることで、セカンドパートナー側も自分の気持ちや考えを率直に話す機会を得られるので、相手にとっても好都合です。

この双方のコミュニケーションは、二人の関係性をより深めるための大事な基盤となります。
定期的な話し合いを通じて、二人が持つ不安や問題点を迅速に解決し、お互いの理解を深めることとなるでしょう。

このように、不安を感じた時に速やかに話し合うことは、セカンドパートナーとの関係を維持し、さらに二人の絆を深めていく大事な要素だと思ってください。

③恋愛カウンセラーに相談してみる

大抵の人は異性との関係のことで悩んだら、まず家族や友人に相談しますよね?

しかし、相手がセカンドパートナーとなっては、家族や友人に相談しにくいという方はたくさんいらっしゃるでしょう。

そこで、セカンドパートナーとの関係において問題点や不安を感じ誰かに相談したくなったときは、恋愛カウンセラーに直接相談してみることをおすすめします。

恋愛カウンセラーは複雑な人間関係に対して、客観的かつ経験に基づいたアドバイスをしてくれるので非常に便利です。

恋愛カウンセラーに直接相談することで、自分の置かれている状況や悩みを深く理解し、適切な対応策を提案してくれます。

また、恋愛カウンセラーとのやりとりを通じて、自分自身のコミュニケーションスキルを向上させることができます。

これによって、セカンドパートナーとの関係だけでなく、他の人間関係においてもよりポジティブなアプローチができるようになるはずです。

さらに、恋愛カウンセラーに直接相談することで、セカンドパートナーとの関係について具体的な問題点や課題について、第三者の視点からフィードバックを得ることができます。

これは、自分たちだけでは気づきにくかった解決策を見つけるのに非常に有効的だからです。

恋愛カウンセラーに相談することは、セカンドパートナーとの関係をより良くするための一つの手段ともいえます。

悩みや不安を一人で抱え込まず、恋愛カウンセラーのサポートを受けてみて、よりセカンドパートナーとの充実した関係性を築いてみてください。

セカンドパートナーとのお悩みがあった場合、国内最大級のオンライン恋愛相談サービス『恋ラボ』で相談されることをおすすめします。

『恋ラボ』のおすすめポイント

・恋愛のプロが多数在籍
・24時間365日受付
・完全匿名
・秘密厳守
・カウンセリングサービス運営歴16年のエキサイトが運営

kisa

恋ラボ』は年齢性別関係なく、パートナーとの関係性で悩みがある方であれば、どなたにでも的確なアドバイスをしてくれます。

もし、セカンドパートナーとの関係に行き詰ったら、まずは『恋ラボ』に相談してみてください。

>>恋ラボの公式サイトを見てみる

まとめ

これまで「セカンドパートナーの末路はリスクだらけ?」について解説をしていきました。

セカンドパートナーとの関係には、確かにドキドキする瞬間もありますが、その裏には様々なリスクや考慮すべき点が存在します。

パートナーや社会、周囲の目、さらにはご自身の心の葛藤まで、これらをどうバランスよく乗り越えるのかが、セカンドパートナーとの関係性を左右します。

どんな関係にも終わりは訪れます。
それが幸か不幸かは、本記事でご紹介したセカンドパートナーを作ることで起こり得る「末路」を知っておくことで、あなたにとってベストな選択ができるでしょう。

本記事を読まれてセカンドパートナーと出会いたいと思われた方は、既婚者専用アプリ『ヒールメイト』に無料登録してみてください。

>>ヒールメイトの公式サイトを見てみる

以下の記事では、40代バツイチ男性がマッチングアプリで新しいパートナーを見つける方法をご紹介しています。

キサ
恋愛アドバイザー
マッチングアプリの企業に勤めており、数多くの恋活や婚活に励む男女をマッチングさせるために恋愛アドバイザーとして活動しています。
特に私が携わっているマッチングアプリの女性会員たちは、高学歴で高収入の男性との出会いを求めていて、理想の男性とカップリングを成立させています。
この恋愛アドバイザーとしての経験を活かして、理想の男性と出会いたいと願う女性たちの夢を実現させるために徹底的にサポートしていきます!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次